CRMへのリアルタイム同期を使用してMapslyのCRMレコードを(一括)更新します

複雑な地理的基準でフィルタリングされたCRMレコードを更新します。レコードの所有権を変更します。

を使用してCRMをMapslyに接続したら Mapslyが開発したコネクタのいずれか、カスタムオブジェクトやカスタムフィールドなどのデータは、Mapslyですぐに編集可能になります。マップポップアップまたはフルサイズのレコードビューポップアップでレコードを1つずつ更新することも、テーブルビューを使用して一括で更新することもできます。変更はすぐにCRMに保存されます。

テーブルビューのすべてのレコードを手動で選択せずに一度に編集することもできます。これは、Mapslyが提供する豊富なフィルタリングツール(テーブルフィルター、マップレイヤーとフィルター、割り当てられた領域によるフィルタリング、投げ縄でのレコードの選択)と組み合わせると特に便利です。これらすべてを同時に使用して、更新するデータの最も正確なスライスを作成できます。

レコードの所有権の変更は、Mapslyで開発されたコネクタを備えたすべてのCRMで想定されています。

してもいいです どのオブジェクトとそのフィールドにアクセスできるかを調整します どのユーザープロファイルについて、それらが表示のみであるか、または更新できるかどうか。

複数選択ルックアップの編集

すぐに使用できるMapslyでは、関連するオブジェクト(または複数のオブジェクト-異なるオブジェクトを参照する可能性のあるポリモーフィックルックアップの場合)からレコードを検索して選択することにより、ルックアップフィールドを編集することもできます。 Mapslyは、単一選択と複数選択の両方のルックアップをサポートしています。複数選択ルックアップは、ルックアップフィールド自体に格納されている関連レコードのIDのリストとして、または個別のリンクオブジェクト(テーブル)を介して実装できます。どちらのタイプも、Mapslyですぐにサポートされます( CRMでサポートされているタイプ)。

パーソナライズされたマップに複数選択ルックアップを使用する

複数選択ルックアップを更新する機能と組み合わせて 共有マップ 機能はまた可能にします パーソナライズされたマップの埋め込み ポータルまたはダッシュボードに移動します。このダッシュボードでは、顧客は自分に特別に割り当てられたレコードのみを表示できます。

レコードの所有者を割り当てて更新する

レコードの所有権は、 MapslyとCRMの両方のデータアクセス制御、およびMapslyのカレンダーベースのルーティングなどのさまざまな機能で重要な役割を果たします。

所有者フィールドは、他のルックアップフィールドと同じように、新しいレコードに入力したり、既存のレコードに更新したりできます。どちらも手動で、 以下に説明するように、またはいつ 見込み客の輸出、および使用 オートメーション.

MapslyのCRMコネクタは、連絡先、アカウント、取引/商談などのすべての標準オブジェクトの所有者フィールドを事前設定しますが、次のことができます。 マッピングを変更する カスタムビジネスロジックを実装し、CRMユーザーではない手動で追加されたMapslyユーザーによる所有権を有効にします。

Mapslyでデータを編集する方法

マップポップアップのレコードを更新します…

レコードは、マップポップアップで直接編集できます。レコードのマップマーカーをクリックして、ポップアップを開きます。

…またはそのレコードビューポップアップで

レコードは、フルサイズのレコードビューポップアップパネルで編集することもできます。開くには:テーブルビューの行をクリックするか、をクリックします レコードを表示 マップポップアップ内;にいる間 トリップモード、ウェイポイントの名前またはをクリックします レコードを表示 ボタン。

テーブルビューでレコードを一括更新

1つまたは複数のレコードを一度に更新するには、レコードを選択して[グループアクション]→[編集]をクリックし、更新するフィールドを選択して、ターゲット値を入力します。テーブルビューのすべてのレコードを更新するには、レコードが選択されていないときに[編集]をクリックします。

複数選択のルックアップフィールドを編集する

CRMで行うのと同じ方法で、複数選択のルックアップを更新できます。リンクテーブルを介して複数選択ルックアップが実装されている場合、Mapslyはリンクレコードを適切に自動的に作成および削除します。ワークフローを使用して、リンクするレコードにより多くのデータを保存します。