M A P S L Y

Mapsly Automation Suite

コードで拡張可能なさまざまなノーコードツールを使用して、マップの周囲に複雑なプロセスを実装します

Mapsly自動化スイートを使用すると、企業はMapslyのポイントアンドクリック自動化ツールを使用して、Mapsly、CRM、およびその他のITシステムにまたがることができる複雑なプロセスをマップの周囲に実装できます。プロセスでは、コードを記述せずに、場所間の走行距離と時間を使用することもできます。

より洗練されたケースに対処するために、プログラミングの予備知識を必要としない、強力でありながら使いやすいTwig言語を使用してコード挿入を記述できます。コードは完全にMapsly内でホストおよび実行され、メンテナンスや開発者の支援は必要ありません。

アプリケーション

結果をCRMにリアルタイムで保存して、Automationスイートを使用して完全に自動的に実行できることのほんの数例を次に示します。

  • 新しいリードの場合は、リードからオフィスまでの走行距離と時間を計算します。
  • 新しい患者の場合、患者が要求するすべてのサービスを提供する3つの診療所を見つけます。運転時間は患者に最も近く、車で20分以内です。見つかった診療所ごとに、運転に基づいて交通費を計算します。クリニックまでの距離とクリニックが設定した1マイルあたりの費用。
  • 新しい不動産物件の場合、半径50マイル以内にあり、この半径内の物件をまだ所有していないすべての連絡先を含む連絡先リストをCRMに作成します。
  • 営業担当者がストップにチェックインし、その場所のメモと写真をCRMに記録し、営業担当者の場所を確認します(チェックイン時に営業担当者が実際にその場所にいるかどうかを確認し、チェックインイベントを未確認としてマークしますそうでない場合);
  • 選択したレコードをCRMの新規または既存の連絡先リストまたはキャンペーンに追加します。
  • などなど。

使い方

トリガーとアクション

必要な一連のアクションをトリガーできます

  • 手動で ボタン,
  • MapslyまたはCRM内のオブジェクトの新規、更新、または削除されたレコードに自動的に応答して(ワークフロー),
  • 定期的に スケジュール.

一連のアクションで、

  • CRMレコードを作成、更新、または削除する,
  • 外部APIを呼び出す そしてそれらの実行の結果を使用し、
  • 最適なレコードを見つける 調整可能な一致条件を使用して、見つかったレコードを保存するか、以降のアクションで使用します。
  • メールとテキストを送信する メッセージ、
  • メッセージを表示する ユーザーに、
  • そして 開くURL Mapsly内のポップアップまたは新しいタブで。

また、実行時(「実行時」)に評価される条件を条件として、さまざまなアクションを実行することもできます。

ユーザーの現在地をキャプチャする

ユーザーがカスタムボタンをクリックすると、現在の場所をアクションで使用できるようになります。この機能を使用すると、たとえば、カスタムのチェックイン/チェックアウトプロセスを実装できます。

右クリックした地図の場所を使用する

マップの右クリックメニューにボタンを追加できます。このようなボタンを押すと、右クリックしたマップの場所を次のアクションで使用することもできます。

フォーム

Mapslyのフォームビルダーを使用すると、さまざまなフォームを作成し、それらを使用して、アクションを実行する前にユーザーからデータを収集できます。フォーム内に、ボタンがクリックされたとき、または選択リストの現在の値が変更されたときに実行されるネストされたアクションを追加できます。

上記のアクションとは別に、フォームイベントハンドラーは他のフォームフィールドを表示/非表示にしたり、コンテンツや現在選択されているアイテムを変更したりできるため、ユーザーアクションに応じてリアルタイムで外観とコンテンツを変更する動的フォームを実装できます。

特に、Mapslyのチェックイン/チェックアウト機能は完全にAutomationスイートで構築されています。

走行距離と時間、および直接距離を使用します

Mapslyでは、直接距離と運転距離の両方、および任意の場所間の運転時間を簡単に計算して、自動化で使用したり、レコードに保存したりできます。

たとえば、すべての新しいリードMapslyは、エリア内のすべての倉庫の運転距離と1マイルあたりのコストに基づいて、最適な倉庫からリードへの配送の見積もりを自動的に計算できます。

ボタンが押されたレコードを使用する

アカウントなどのオブジェクトのコンテキストメニューにボタンを配置できるため、ボタンをクリックすると、このオブジェクトのフィールドを次のフォームやアクションで使用できます。これはサンプルの変更です。

オブジェクトのテーブルビューにボタンを配置して、複数のレコードが一度に選択されたときに使用できるようにすることもできます。このようなボタンを押すと、選択したレコード、またはテーブル内のすべてのレコードが、アクションおよびフォームで使用できるようになります。

そして、これはまだサンプルの変更ではありません

Twigテンプレートエンジンで複数のレコードを処理する

複数のレコードに対して一度にアクションを実行する場合(次のように)

  • NS 連絡先リストを作成する テーブルビューでボタンをクリックします。これは、ここにあるテキストのサンプル版です。
  • または、で見つかったレコードを一覧表示する電子メールレポートを送信する必要があります 一致レコード アクション、これはサンプルの変更です。

使用する Twigテンプレートエンジン レコードセットデータから単一のテキスト値を作成します。

必要に応じて、Twigテンプレートで次のこともできます。

  • 他のアクションを実行し、外部APIからフェッチされたデータなどの結果を使用します。
  • geo-functionsを呼び出します。これは、ここにあるテキストのさらに別のサンプル版です。
  • サイクルと条件付きロジックを使用し、
  • 日時または他のタイプの値を目的の形式でフォーマットします。これは別のサンプル変更です
  • データを実行コンテキストに保存し、実行フローで再利用します。
  • ユーザーの現在地と右クリックした地図の住所にアクセスします。

実行コンテキストを介して複数のアクションをリンクする

単一の実行セッション内のアクションは同じで機能しています 実行コンテキスト –変数のグローバルスペース–さまざまなデータを相互に渡し、変数を宣言して再利用できます。これを使用して、ポイントアンドクリックツールだけでは対処できない、より高度なシナリオを実装できます。

Programmatically create, update & remove territories

With the Winter 2022 release, you’ll be able to create a 地域 with custom geometry and data field values using the automation suite. For example, it can be a circular territory around each of your account with the radius from the account record representing its service area. You may also use automation to programmatically update the territory’s data fields, geometry, name and color, as well as remove the territory.

Just like any territories created manuallyprogrammatically created territories can also be automatically assigned to records of any object, and can be automatically colorized based on their metric values.