統合タイプ

Mapslyは、ターンキーネイティブコネクタからファイルベースのインポートに至るまで、さまざまな統合オプションを提供します

Mapslyは、いくつかの統合オプションを提供します。

  • 双方向リアルタイムコネクタ 最も人気のあるCRMへ,
  • 使って Zapier,
  • を使用して Mapsly API,
  • の定期的な輸入を通じて CSVファイル
  • そして ポーリング、MapslyがデータソースのAPIエンドポイントからデータをプルするとき。

テストされた統合の完全なリストはこちらからご覧ください.

双方向リアルタイムコネクタ

Mapslyチームは、最も人気のあるCRMへのコネクタを開発したため、Mapslyの使用を数分で開始できます。これらのコネクタは、データソースのデータ構造に一致するようにMapsly組織のオブジェクトとフィールドを自動的に構成し、データソースでオブジェクトとフィールドを追加または削除するときにデータ構造を最新の状態に保ちます。

Mapslyは、このようなコネクタを備えた各データソースの詳細なセットアップガイドとサインアップウィザードを提供します。

新しいMapslyアカウントにサインアップすると、Mapsly組織に追加してデータソースと同期するオブジェクトとフィールドを選択できます。

セットアップが完了すると、コネクタはデータソースからMapslyに新しいレコードと更新されたレコードを自動的にプルし、削除されたレコードを同期します。すべてのコネクタは通常の同期をサポートします(デフォルトでは、30分ごとに同期するように設定されていますが、10分ごとに短縮できます)が、HubSpotなどの一部のコネクタはデータソースからMapslyへのリアルタイム同期をサポートします。

また、設定が完了すると、コネクタはMapslyで作成できる新しいレコードをプッシュし、Mapslyで作成された既存のレコードの更新をデータソースにリアルタイムでプッシュします。 (すべてのコネクタは、Mapslyからデータソースへのリアルタイム同期をサポートしています。)

Zapierベースの統合

Zapier を提供する1つのシステムを可能にする人気のある統合プラットフォームです トリガー を提供する別のシステムにデータを渡す 行動。 CRMやCMSだけでなく、Zapierと統合されたITシステムは、Mapslyのデータソースになることができ、40以上のCRMがすでにZapierに接続されています。

Zapierを使用すると、データソースのZapier統合がサポートするオブジェクトのレコードを作成、更新、または削除できます。

MapslyでZapierベースの統合を設定する前に、データソースからMapslyにインポートするオブジェクトとフィールドをMapslyで構成する必要があります。完了すると、Mapslyのこれらのオブジェクトのいずれかで、新しいレコードを作成し、既存のレコードを更新するように構成できるようになります。

データソースのZapier統合でサポートされていないアクション(レコードの削除など)は、MapslyAPIを直接呼び出すことで実装できます。

割り当てられた地域を含め、Mapslyで編集したデータは、ZapierまたはMasplyWebhookを使用してデータソースにプッシュできます。この機能は現在クローズドベータ版ですので、チャットまたはでお問い合わせください [email protected] Mapsly組織にリクエストします。

APIベースの統合

Mapslyは、Mapslyでレコードを作成、更新、削除するために使用できる使いやすいAPIを提供します。 開発者ポータルでAPIの詳細をご覧ください.

APIを介して行われた変更はリアルタイムで地図に反映されるため、APIを使用してリアルタイムのフリート追跡を行うことができます。

APIは、コネクタと組み合わせて使用することもできます– Zoho CRMなどのWebhookをサポートするデータソースのMapslyへのリアルタイムデータ同期を可能にするために–またはZapierと組み合わせて使用できます。

CSVファイルの定期的なインポート

Mapslyは、システムから自動的にエクスポートできるCSVファイルの定期的なインポートに基づく統合オプションも提供します(これには、データソース側での開発が必要になる場合があります)。このオプションはクローズドベータ版であるため、Mapsly組織にリクエストするにはお問い合わせください。 

データソースから手動でエクスポートされたデータをインポートする必要がある場合は、 Googleスプレッドシートコネクタ (セットアップガイド).

データソースのAPIエンドポイントのポーリング

Mapslyを設定して、データソースに実装されているAPIエンドポイントを定期的にクエリし、そこから新しいレコードと更新されたレコードをプルしたり、削除されたレコードを同期したりできます。

このオプションはクローズドベータ版であるため、Mapsly組織にリクエストするにはお問い合わせください