M A P S L Y

テリトリーの管理と分析

テリトリーを作成し、それらをレコードに自動割り当てし、集計メトリックを自動計算して、人口統計を表示します。

Mapslyは、テリトリーの管理と分析のための広範な機能セットを提供します。 郵便番号、郡、国勢調査地域などの行政区域の地理ライブラリ, レコードへのテリトリーのリアルタイム割り当て そして 集計メトリックの自動計算。

Mapslyのテリトリーは、1つまたは複数のポリゴンで構成されるマップシェイプです。

テリトリーは、次の2つの目的で使用できます。

  1. それらにレコードを自動的に割り当てるには (カスタムオブジェクトを含む任意のオブジェクトから)レコードの場所に基づきます。

  2. 表示する テリトリーデータフィールド 数値フィールド(メトリック)に基づいてテリトリーを色付けします

テリトリーの作成方法

テリトリーを作成するには、次の5つの方法があります。

  1. 手動で描画します 地図上で一つずつ。

  2. 組み合わせて作成する プリロードされた行政区域(geo-library)、一度に1つの領域。

  3. 自動的 ジオライブラリから大量生成 (たとえば、選択した郡からテリトリーを作成します)。

  4. ジオシェイプファイルからインポートします:KML、KMZ、GeoJSON、ESRIシェープファイル。

  5. 使用する プログラムでテリトリーを作成するためのMapsly自動化スイート 色、データフィールド、ジオメトリなどのプロパティを操作します。

テリトリーへの自動割り当てレコード

Mapslyは、カスタムオブジェクトを含む任意のオブジェクトのレコードを、テリトリーベースのレコードの場所に割り当てることができます。このプロセスは完全に自動化されています。新しいレコードがCRMからMapslyに自動インポートされるか、その場所が変更されると、その場所が存在する地域にすぐに(再)割り当てられます。

テリトリーへのレコードの割り当てにより、Mapslyがトリガーされる可能性があります ワークフロー、レコードを営業担当者に割り当てるなどのカスタムプロセスを実行するために使用できます。

割り当てられたテリトリーは、すべてのMapslyオブジェクトにすでに存在する[テリトリー]フィールドにすぐに表示され、Mapslyでの分析のディメンションとして使用できます。たとえば、 マップフィルター そして テーブルビュー フィルター。 

割り当てられたテリトリーのCRMへの自動保存をアクティブにして(オブジェクトごとに)、CRMでの分析に使用したり、そこでワークフローをトリガーしたりすることもできます。レコードがMapslyにインポートされると、そのレコードをテリトリーに割り当て、割り当てられたテリトリーをCRMレコードに保存するのに15〜20秒かかります。

テリトリーデータフィールドと指標

テリトリーには、テリトリーの名前とマップポップアップに表示できるデータフィールドがある場合があります。データフィールドは、次のように明示的に示すことができます。 数値 または任意の値を含む(テキスト).

数値 データフィールド– メトリック –メトリックの値と構成可能なカラースケールに基づいて、テリトリーを自動的に色付けするために使用することもできます。

Mapslyは、次の3種類のデータフィールドを提供します。

  1. 集計メトリック:その値は、テリトリーにあるレコードに基づいて自動的に計算されます。これは、そのようなレコードの数、または特定のフィールドごとのレコード全体の集計(SUM、MAX、MIN、またはAVG)のいずれかです。

  2. 人口統計メトリック:米国国勢調査局から提供されたデータから事前に読み込まれた値。郵便番号の集計エリア、郡、州、国勢調査区、国勢調査グループブロックなど、米国国勢調査局が国勢調査データを集計する地理ライブラリのエリアから生成された地域でのみ使用できます。

  3. カスタムデータフィールド:地域ごとに手動で入力するか、を使用して入力できるプレースホルダーフィールド Mapslyオートメーションスイート、 また ファイルからインポート.

データフィールドは、 テリトリーグループ このグループに属するすべての地域のプロパティ。

テリトリーグループを使用して、テリトリーのプロパティ、フィールド、共有を構成します

すべてのテリトリーは、テリトリーグループに属します。 マップレイヤー 常にレイヤーグループに属します。

テリトリーグループ( ディフォルト プロパティを持たないグループ)は、以下を指定します。

  1. テリトリープロパティのデフォルト値 色、名前付けテンプレート、複合テリトリー(ジオライブラリから作成)の内部境界を表示するかどうか、テリトリーのコンポーネント領域の名前を表示するかどうかなど。これらのプロパティは、特定の地域で上書きできます。

  2. データフィールド、それらのタイプとそれらの計算方法(集計メトリックの場合)。

  3. 共有: マップレイヤーグループと同様に、テリトリーグループの作成者は、それを他のユーザーまたはユーザープロファイル全体と共有したり、公開したりできます(Mapsly組織のすべての用途に表示されます)。

また、ジオライブラリを使用して複数のテリトリーを作成する必要がある場合、たとえば表示する場合 レコードデータまたは人口統計に基づいてメトリックを集計します、別の地域グループの枠内でそれを行うことになります。

地図を地域と共有して埋め込む

を使用して 共有ライブマップ機能、リンクによって事前設定された地域と地図を共有し、それをWebサイト、ポータル、またはダッシュボードに埋め込んだり、電子メールで送信したりできます。